旅行記

四国高松へ小旅行

今月は、四国高松へ小旅行に出掛けましたのでご紹介致します。
主人が7ヶ月の間、単身赴任で行っていたのですが、その間1回しか行かなかったので、お世話になった方にご挨拶もかねて1泊だけですが行ってきました。お昼に着いて伺ったお店は〝森三〟というレストラン。そこのオーナーの方とランチを頂きました。3店舗も持たれているそのオーナーは30代の女性。でも可愛くて素敵な人でした。

シェフは神戸のホテルにいらしたそうですが、そのホテルの総料理長は、私の店の名付け親のシェフでした。オーナーとのおしゃべりに夢中で写真も撮れませんでしたが、「高松にもこんなお店があるの…」と思ったほどのおしゃれな落ち着くお店でした。また次の機会にでもゆっくりご紹介します。
それから、夕方からはお世話になった方へのご挨拶だったのが、その方に又、ご馳走になってしまいました。おこぜ、はも、めばる、うに、とろ… と最高でした。
主人が高松を気に入ってしまったのもわかる感じです。本当においしかったです。

このお店の料理長は、私の店のある場所〝天満〟のご出身でした。またびっくり。それからおうどんを。こちらの方は「うどんは別腹」と言うらしいです。釜揚げうどんに生卵をプラスしたものが〝かまたま〟で今人気だそうです。うどんのカルボナーラとか玉子かけうどんって感じです。そして おいしい。ほんとに。

その夜泊まったホテルは、私がお世話になっています、リーガロイヤルホテルの姉妹ホテルの〝リーガホテルゼスト高松〟です。こじんまりとして、きっちりとしたホテルで、お部屋もお掃除が行き届き、広くて快適でした。エレベーターホールの壁紙が私の家の寝室のものと同じで、「その時に流行ってたんでしょう」と主人は言いましたが…。
そうか同じぐらいの時期に建ったのかなぁ。

そして次の日。私が以前から一度行きたくて、でもなかなか行けなかった場所。もうブームも終わりかなと思われながら、結構根強い人気の…。そう、セルフの〝おうどんやさん〟に連れて行っていただきました。

こんな道を行くと、その奥に見えている製麺所が今回行った池上製麺所。

店のファサードはこんな感じ。本当にこんな感じなんだ…って感じ。

店内にて。この店の看板娘〝るみばあちゃん〟NHKにも出演されて有名人だそうです。
連れてきてくださった方も高松で有名人。夜の街ではすれ違う人が、皆声をかけていかれました。

 

こんな感じで食べました。すごい…。本当にここで皆さん食べられています。 で、とても美味しかったです。私は〝ぶっかけ〟の上にいいだこのてんぷらを乗っけました。

 

案内して下さった方のお家のプードルの〝プーちゃん〟足が長いし上品でハンサム

そのほかの写真です。

東山魁夷美術館のティールームからの景色。この日は大雨とか言っていたのに、すこぶる良いお天気でした。