旅行記

ヨーロッパ、オランダの旅

アムステルダムの街もうフランスでは、何を見ても目新しく感じなくなって、ワクワクも感動も少なくなっているのかもしれなくて、その点初めて旅するアムステルダムでは、結構楽しむことができました。ちょうどイースターの時期だったので、卵型のチョコなんかがいっぱいあって、ホテルの朝食にも、カラフルにペイントされたゆで卵がでていました。

ホテルもアンネフランクの家もそうでしたが、階段が急でした。アムステルダムではスープやコロッケが有名だそうで、自動販売機でコロッケを売るチェーン店もありました。結局それは食べてはいないのですが、せっかくのオランダなので、ベジタリアンの道を行く私ですが、乳製品を摂ることにしました。野菜もいっぱい食べましたよ。この時期旬のホワイトアスパラを始め、アンディーブ、コールラビ、ビーツ、じゃが芋(3色)グリーンアスパラ、パプリカ、ズッキーニ、といっぱい…。でも、もうどれも日本で食べられますね。


ちょっとわかり難いですが薄ーいワッフルです。フィリングはキャラメルこちらでは、あとパンケーキとワッフルが有名のようです。ワッフルはベルギーのものと少し違って薄く、キャラメルクリームをサンドしたものがノーマルな様です。焼きたてはクリスピーで、美味しかったです。そう言えば、ピッツアも薄めの生地だったような…。


やたら、あちこちに見られるこのパターン(柄)

いたるところでやたら眼にしたこの“柄”
何か歴史とか意味とかがあるのでしょうか?

パリからストラスブールに行くと微妙にドイツの雰囲気があるように、ヨーロッパに居ると、このニュアンスが面白く楽しいです。ここオランダも〝食〟の感じはベルギーの薫りもあり、又ドイツに似た倹約のシンプルさもあって…。
でも日本人には合う感じがありました。街に流れる運河は(少し違うかもしれませんが、)東京の木場(主人の実家)や私の自宅付近の大阪の大川沿いを思い出しました。水際って結構いいですよね。大好きです。